志摩地中海村で「いせえびコロッケ」販売 ウッドデッキで楽しんで

【伊勢志摩産の伊勢エビを使ったコロッケを紹介する太田料理長=志摩市浜島町迫子の志摩地中海村で】

【志摩】三重県志摩市浜島町迫子のヴィレッジ&ホテル「志摩地中海村」は、施設内のレストラン「リアスバイココチャ」にあるウッドデッキで楽しめる「いせえびコロッケ」の販売を始めている。

同レストランは、平成31年にスペインのミシュラン一つ星レストランと提携してリニューアル。店内での料理の提供に加え、英虞湾が一望できるウッドデッキでスペインならではの軽食メニューを販売する。

今回は手軽に食べられる新メニューとして、伊勢志摩産の伊勢エビを使ったコロッケを開発。コース料理では提供しない身の端の部分などを集めて有効に活用した。炒めたタマネギを殻から取っただしで煮詰め、エビの身に加えることで伊勢エビの風味豊かなコロッケに仕上げたという。ケチャップやマヨネーズ、エビのだしなどを混ぜた特製ソースも添えた。

2個で800円(税込み)。数量限定のため、なくなり次第終了。ウッドデッキの営業は午前11時半―午後零時50分まで。雨天時は営業しない。

太田裕料理長(41)は「志摩地中海村に来てもらい、いせえびコロッケを食べて違う世界に行った気分になってもらえれば」と話していた。

定休日などの問い合わせは同ホテル=電話0599(52)1336=へ。