赤目四十八滝で女性の遺体 名張署

【名張】三重県警名張署は19日、名張市赤目町長坂の赤目四十八滝で、女性の遺体が見付かったと発表した。同署が身元や死因を調べている。

同署によると、観光客が19日午後1時5分ごろ、入り口から約200メートルの霊蛇滝近くの川の中でうつぶせで浮いている女性を発見。観光施設の職員が110番した。

女性は既に意識がなく、市内の病院に救急搬送されたが、約一時間40分後に死亡が確認された。目立った外傷はなかった。滝の発券売り場の職員が、同日に女性が入場するのを目撃していた。

女性は60―90代とみられ、白髪混じりの短髪。身長150センチほどの中肉。黒色の花柄の長袖シャツと黒色の袖のないシャツ、ベージュ色のスラックス、茶色の靴を身に着けていた。