施設従事者らのワクチン受け付け開始 津市 64歳以下 三重

【記者会見に臨む前葉市長=津市役所で】

【津】三重県の前葉泰幸津市長は18日の定例記者会見で、高齢者施設の従事者や障害者施設の入所者らを対象とした新型コロナウイルスワクチン接種の受け付けを同日に開始したと発表した。今月下旬に接種を始める。

市によると、64歳以下のワクチン接種を進めるため、次に優先する接種対象を決めた。医療従事者らを独自に確保できる施設が対象。接種予定者のリストを市に提出してもらい、接種券を送る。

このほかの16―64歳の市民には、7月1日に接種券を一斉に発送する。予約の受け付け開始時期は医療機関と調整中で、基礎疾患のある人の接種を優先して予約を受け付ける見通し。

一方、高齢者向けのワクチン接種では市内5カ所の集団接種会場で、6―7月の予約枠に17日時点で計2457件の空きがある。老人保健施設による送迎付きの接種の予約も約30人にとどまっている。

前葉市長は「個別接種や追加の接種会場に予約を移した人がいるため、当初の予約枠に空きが出た」と説明。8月に予約している人に「電話や予約サイトで、ぜひ予約の前倒しをしてほしい」と呼び掛けた。