自由な発想、色彩豊かに 工作教室の子どもら 南伊勢町で作品展 三重 

【子どもらが自由な発想で制作した色彩豊かな作品=南伊勢町五ケ所浦の百五銀行五ケ所支店で】

【度会郡】三重県南伊勢町五ケ所浦の百五銀行五ケ所支店で、同町五ケ所浦の白髭美由紀さん(45)が主宰する工作教室「アトリエ 白の家」の作品展が開かれている。30日まで。

京都芸術短大(当時)で洋画を学んだ白髭さんは、絵画教室や造形教室を手伝いながら講師の経験を積み、約5年前に自身の教室を開設した。現在は年少園児―小学6年まで20人が所属。自由な発想を生かし、楽しみながら作品制作に取り組んでいる。

同展には19点を展示。幼児と1年生の作品は、画用紙に水彩絵の具を垂らしたり、薄めた絵の具に障子紙を浸してにじみを出したりするなど、さまざまな技法を使って制作。5、6年生のちぎり絵作品はオウムやカラス、クジラ、タコを色彩豊かに表現し、訪れた人の目を楽しませている。

白髭さんは「コロナ禍で気分も落ち込みがちなので、子どもたちの作品を見て元気になってもらえれば」と話していた。