受刑者首つり死亡、自殺か 三重刑務所

【津】三重刑務所は16日、服役中の40代男性受刑者が単独室内の洗面所で首をつった状態で発見され、搬送先の県内の病院で死亡が確認されたと発表した。自殺とみられる。

同刑務所によると、同日午前3時50分ごろ、巡回中の職員が、洗面所の蛇口に自分の履いていたパジャマのズボンの裾を結んで作った輪を掛け、中に首を入れたまま意識を失っている受刑者を発見。心臓マッサージなどの蘇生措置をとり、救急搬送したが約40分後に搬送先の病院で死亡が確認された。死因は窒息死とみられるという。

発見から約15分前の巡回時には布団にくるまって横になっている受刑者を確認していたという。遺書などは残されておらず、動機などを調べている。

小林聡所長は「このような事故が発生したことは遺憾。今後このような事故が発生しないよう動静視察や心情把握を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。