テニス男子単 西岡が東京五輪出場権 津市出身 三重

【テニスの男子シングルスで東京五輪出場が決まった西岡良仁選手(本人提供)】

日本テニス協会は17日、女子の大坂なおみ(日清食品)と男子の錦織圭(同)、西岡良仁(ミキハウス)=が東京五輪男女シングルスの出場権を獲得したと発表した。三重県津市出身で25歳の西岡は初の五輪出場となる。

国際テニス連盟から通知を受けた。男女シングルスの五輪出場権は6月14日付の世界ランキングで各国・地域4人を上限に上位56人に与えられ、大坂は女子2位、西岡は男子56位、錦織は同57位だった。

五輪初出場の西岡は4歳でテニスを始め、津市立橋北中3年で渡米し、錦織と同じIMGアカデミーに在籍。平成26年に18歳でプロ転向し、同年の仁川アジア大会シングルスで日本勢40年ぶりの優勝を果たすなどして注目された。