伊勢市 ワクチン1回目接種 高齢者46.4%完了 三重

【会見する鈴木市長=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市は16日の定例会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種状況を発表した。15日現在で対象となる65歳以上の高齢者4万1617人のうち、89・2%に当たる3万7143人の1回目の接種予約が完了したとしている。

同市によると、15日現在で全体の46・4%に当たる1万9292人が1回目の接種を完了。また11・6%に当たる4807人が2回目の接種まで完了しており、7月10日までには全ての接種希望者に対する1回目の接種が完了する見込みとした。

16日からは60―64歳への接種予約受け付けを開始し、28日からは12―59歳の市民に接種券を送付。7月3日からは基礎疾患を持つ人を優先に予約受け付けを開始するとした。

鈴木健一市長は「対策の徹底により感染者数も減少傾向にあるが予断を許さない状況。引き続き防止対策を」と呼び掛けた。

伊賀市の岡本栄市長が三重とこわか国体の中止や延期について言及したことについては、「現状は開催に向けて各団体と協議し、対策を進めながら着実に進めていきたい」と述べた。