鳥羽水族館に白いカエル 珍しい「アルビノ」個体三重

【展示を始めた白いカエル(鳥羽水族館提供)】

【鳥羽】三重県の鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽三丁目)は14日から、通常の個体とは体色が異なる白いカエルの展示を始めた。Gゾーン「奇跡の森」コーナーの水槽で展示している。

同館によると、白いカエルは体長約1・5センチで性別は不明。通常のアマガエルが劣性遺伝や突然変異によって先天的に体色が変化した「アルビノ」と呼ばれる個体の一種とみられる。

5月29日に津市白山町の住民から白いオタマジャクシの状態で提供を受け、そのまま館内で飼育を続けていたところ、12日にカエルに成長したという。

同館では昨年も津市内の住民から提供を受けた白いカエルを展示している。同館の飼育担当者は「珍しい白いカエルを見て、興味を持ってもらえるとうれしい」と話している。