ワクチン入っていない使用済み注射器刺す 桑名の医療機関 三重

【桑名】三重県の桑名市は10日、市内医療機関での新型コロナウイルスのワクチン接種で、誤って前の人に使ったワクチンの入っていない注射器の針を別の人に刺す事故が発生したと発表した。副反応などの健康被害はない。

医師がすぐ誤りに気づき、本人に謝罪と説明をした。当該医療機関で健康観察を実施し、感染症の検査も実施する。市は、各医療機関に再発防止の徹底と安全の確保を周知するとしている。