松阪市 コロナワクチン接種、64歳以下スケジュール 平日接種「職場環境整備を」 三重

【事業者に従業員のワクチン接種に向けた配慮を呼び掛ける竹上市長=松阪市役所で】

【松阪】三重県の竹上真人松阪市長は9日、市役所で記者会見し、64歳以下の新型コロナウイルスワクチン接種スケジュールを発表した。

現在は同市と明和、多気、大台3町の65歳以上を対象に実施し、クラギ文化ホールなどに集団接種会場を設けている。同ホールの予約は6月の一部と7月に空きがある。

基礎疾患がある64歳以下には申し出を通じ、優先して接種券を交付する。期間は6月10日から7月末まで。また高齢者・障害者施設の従事者に優先接種する。

64―55歳の接種券は6月25日に発送し、7月6日から集団接種の予約を始める。予約期間は同7日から9月末まで。対象は約2万6千人。

54―12歳の接種券は7月以降に発送し、予約開始は8月中旬からを予定している。対象は9万9千人。

竹上市長は事業者に対し、「早期に接種を進めるためには平日のワクチン接種が不可欠。職務専念義務免除や特別休暇など職場環境整備の配慮をお願いします」と呼び掛けた。

暴風警報や特別警報が出たら集団接種は中止し、振り返る。