点描画で自然の良さ表現 南伊勢町で前野さん個展 三重

【自然の魅力あふれる風景を点描で表現した作品が並ぶ会場=南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で】

【度会郡】南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で、名張市の画家、前野知恵子さん(71)の個展が開かれている。27日まで。火、水曜日と14―18日は休館。

画業約40年の前野さんは趣味として絵を描き始め、絵画教室に通って基礎を学んだ。描いているうちに題材や表現方法も徐々に変化し、現在は点描で作品を制作。県洋画協会などに所属し、グループ展や個展で作品を発表している。

今回は油絵の具を画材に、自然の魅力あふれる世界を白黒の点描で表現した11点を展示。大台ケ原や伊賀市の風景、名張の池など自分が描きたいと思った場所や心に残っている風景を並べた。点描も濃淡を付けて立体感を出すなど独自の技法を駆使したという。

前野さんは「点描画を通じて自然の良さを感じてもらえれば」と話した。

入館料は一般700円、中高大学生500円、小学生以下無料。問い合わせは同館=電話0599(66)1138=へ。