多気町 補正予算案、コロナ対策2億円 商品券発行1人5000円 三重

【補正予算案を説明する久保町長=多気町役場で】

【多気郡】三重県の久保行央多気町長は7日、町役場で令和3年度一般会計補正予算案を発表した。2億6689万円増額し、総額79億2025万円とする。10日開会の町議会定例会に提出する。

新型コロナウイルス感染症対策事業は1億9508万円。感染症対応地方創生臨時交付金を使い、地域応援商品券発行事業に7950万円、町民文化会館の空調やトイレの改修に4999万円、がんばる事業者応援補助金・事業継続力強化計画策定奨励金に1800万円をそれぞれ盛り込んだ。

商品券は1人5千円分を配布する。500円券10枚つづり。9月1日から来年1月末まで使用できる予定。町民約1万4300人に配る。

久保町長は「水道料金や給食費の免除、プレミアム商品券事業はしてきたが、商品券の配布は初めて」と利用を呼び掛けた。

また、五桂池ふるさと村(同町五桂)の大規模改修事業に向け、将来構想策定事業に500万円、全体測量・設計業務に2720万円を計上。財源はふるさと応援基金。昭和59年に建設してから初めての大規模改修となる。約3年かけて整備する。