鈴鹿PG引き分け、ヴィアティンは敗れる サッカーJFL、三重県勢アウエー戦

サッカーの第23回日本フットボールリーグ(JFL)は5日、第11節8試合が行われた。三重県勢2チームはいずれもアウエー戦に臨み、鈴鹿ポイントゲッターズは松江シティFCに1―1で引き分け。ヴィアティン三重は高知ユナイテッドSCに1―3で敗れた。

鈴鹿は勝ち点を15(通算成績4勝4敗3分け)とし暫定順位は7位に。ヴィアティンは勝ち点11(通算成績3勝5敗2分け)で暫定順位は13位となった。

鈴鹿は前半44分、FW川森有真が先制点を挙げたが後半11分に追いつかれた。試合開始3分で先制されたヴィアティンはその直後MF山藤健太の得点で同点にしたが、前半12分、後半2分に失点した。

次節の県勢の試合は13日。鈴鹿はAGF鈴鹿陸上競技場でヴェルスパ大分を迎えてホーム戦を行い、ヴィアティンは宮崎市でホンダロックSCとのアウエー戦に臨む。