590万円だまし取った疑い 東京の会社員男を逮捕 名張署

【名張】三重県警名張署は2日、詐欺の疑いで、東京都杉並区、会社員手呂内遼容疑者(24)を逮捕したと発表した。

逮捕容疑は特殊詐欺グループの実行犯らと共謀し、3月22日と4月7日、名張市の70代無職女性と京都府宮津市の60代パート女性の2人から裁判の解決金名目で現金計590万円を宅配便で自宅に送付させてだまし取った疑い。

同署によると、女性からの被害届を受け、現金の送付先住所から容疑を特定。名張市の女性から340万円をだまし取った詐欺容疑で4月22日に逮捕=不起訴=し、宮津市の女性から250万円をだまし取った別件同容疑で5月12日に再逮捕=詐欺罪で起訴=した。「荷物を受け取って回収役に渡したのは間違いない」と容疑を一部否認している。