23人感染116人変異株、三重・新型コロナウイルス

三重県は2日、10歳未満―80代までの男女23人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。桑名市内の遊興施設で新たに従業員1人の感染が判明。県内の感染者は延べ4958人となった。

県によると、新規感染者は四日市市で7人、津市で5人、鈴鹿市、亀山市、松阪市で2人ずつ、東員町、菰野町、伊賀市、大紀町、県外で1人ずつ。このうち13人の感染経路が分かっていない。

クラスター(感染者集団)が発生した津市の「パナソニックライフソリューションズ社津工場」では、新たに従業員1人の感染が判明。社内の感染者は7人となり、県が従業員への検査を進めている。

同じくクラスターが発生していた「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」(桑名市)でも新たに従業員1人の感染が判明し、施設の感染者は9人に。施設は先月25日から臨時休園している。

また、県は2日、これまでに判明していた新型コロナウイルス感染者のうち、新たに男女116人について、変異株への感染が確認されたと発表した。県内の変異株感染者は1196人となった。