県高校総体 ゴルフ、津田が女子3年連続優勝 男子はメリノール初 三重

【県高校総体ゴルフ競技で団体優勝したメリノール(男子)、津田学園(女子)の選手ら=津市白山町のヴィレッジゴルフコースで】

ゴルフの県高校総体は1日、津市白山町のCOCOPAリゾートクラブ白山ヴィレッジゴルフコース(男子=6910ヤード、女子=6291ヤード・パー72)であった。全国高校選手権の県予選を兼ねて実施した団体戦は、女子の部では津田学園が特別大会として開催した昨年を含め3年連続の優勝。男子の部は四日市メリノール学院が初優勝した。

男子団体は4校、女子団体は2校が出場。各校が事前に申請した最大4選手のうち上位3人のスコアを採用し、男子は優勝のメリノールと2位のいなべ総合、女子は優勝の津田学園と準優勝のメリノールが今月10日、石川・ツインフィールズGCで開幕する中部地区予選に進む。

男子・メリノールは総勢3人で大会に臨んで合計スコア228で初優勝を果たした。3人中唯一の3年生、石垣敢大は「誰1人欠けてもだめ、という気持ちで覚悟を持って戦った。皆で勝ててうれしい」と話した。

女子・津田学園も昨年個人戦優勝の池ケ谷瑠菜、今年5月の県女子オープン選手権を制した稲葉千乃が全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権に出場し、残る3人で王座を守った。昨年の中部地区予選も優勝しており、今大会個人との2冠達成の打田妃菜は「中部大会も連覇を目指す」と誓った。