志摩市 災害ハザードマップ作成 津波版改訂、新規に土砂版 三重

【新規作成した2種類の災害ハザードマップ=志摩市役所で】

【志摩】三重県志摩市は自治会単位での指定一時避難場所などを網羅した2種類の災害ハザードマップを作成した。市役所や各支所を通じて無料配布するほか、市のホームページからも無料でダウンロードできる。

津波ハザードマップと、土砂災害ハザードマップの2種類を作成。津波ハザードマップは平成25年3月の作成から約7年ぶりの改訂で、各地域の浸水区域を色別に7段階で記載したほか、指定一時避難場所や公共施設の統廃合で変更となった部分を更新した。

新規作成した土砂災害ハザードマップは、県による崩壊の恐れがある地形や地質、降水等の調査結果に基づき、急傾斜地や土石流の警戒区域を2段階の網掛けで記載。裏面には土砂災害警戒情報や警戒レベル一覧表などを記載して注意を呼びかけている。

共に折り畳みA2判で各2万5千部を作成した。津波ハザードマップの問い合わせは同市地域防災室=電話0599(44)0203=へ。土砂災害ハザードマップの問い合わせは同市建設整備課=電話0599(44)0304=へ。