津市が12億3500万円補正 コロナ対策や入浴施設整備 三重

【津】三重県の前葉泰幸津市長は28日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の対策費など約12億3500万円を追加する一般会計補正予算案を発表した。市長の給与2カ月分を返上する条例改正案を含め12議案を6月4日の市議会6月定例会に提出する。

新型コロナ関連は5億2700万円。感染者を受け入れる医療機関の隔離設備などの費用を負担する事業に3500万円を計上。救急車を1台増やすため、購入費約3500万円も盛り込んだ。

経済的な困窮で生理用品を買えない「生理の貧困」に悩む市内の女性や児童生徒に配布するため、購入費62万円も計上。千パックの生理用ナプキンを無償配布し、400パックは市立小中学校と短大に配る。

新型コロナ関連のほか、榊原温泉で老朽化した日帰り入浴施設「湯の瀬」を整備し直すため、施設の解体費や再整備費などとして、約5億円を計上。財源には合併特例債を充てる。来年8月の開館を目指す。