新型ウイルス 新たに33人感染 再陽性の重症者も

三重県は28日、10歳未満―80代までの男女33人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は陰性確認後の再検査で陽性と判明。県内の感染者は延べ4835人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市市で9人、鈴鹿市で8人、津市で5人、松阪市で4人、県外で3人、桑名市で2人、いなべ市と伊賀市で1人ずつ。16人の感染経路が分かっていない。

このうち4月に陽性と判明した松阪市の70代女性は、陰性が確認された後も症状が続いたことから検査を受けて再び陽性と判明。肺炎の症状があり、重症という。県は体内のウイルスが再燃したとみている。

また、鈴鹿市の80代女性は一緒に食事をした別居家族の濃厚接触者として検査を受けたところ陽性と判明。24日まで県内の職場に出勤したといい、県は勤務先の6人を濃厚接触者として検査する。