志摩市 災害時、建設重機貸し出し レンタル2社と協定 三重

【災害時の機材レンタルに関する協定書を手にする各代表=志摩市役所で】

【志摩】三重県の志摩市は25日、建設機械レンタルを扱うキナン志摩営業所(志摩市磯部町穴川)、中央産商志摩営業所(同)の2社と災害時におけるレンタル機材及び資材の提供に関する協定を締結した。

南海トラフを震源とする震災等自然災害への備えとして、被害の拡大防止や被災施設の早期復旧に向けた建設重機の優先的な貸し出しを目的としており、同市としては初の締結となる。

締結式には、キナン志摩営業所の幸渕元徳所長と中央産商志摩営業所の西井輝彦所長が出席し、橋爪政吉市長と協定書を交わした。

幸渕所長は「これまでにも各地の自治体と協定を結び支援に当たってきた。経験を生かして被害の拡大防止に努めたい」とし、西井所長も「迅速に対応していきたい」と話した。

橋爪市長は「南海トラフの被害想定としては県内でも最大となる。想定を理解して有事には迅速に対応するので力を貸して欲しい」と話していた。