末松鈴鹿市長の資産公開

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は21日、市の市長資産公開条例に基づき、令和2年1月1日―12月31日の末松則子市長の所得などを発表した。

市によると、給与所得は市長報酬と三重用水土地改良区の役員報酬などを合わせて1652万7980円。そのほか、講演料など1万9489円。不動産所得は必要経費を差し引き、前年より7万1636円減少した。

預金・貯金は前年に比べ15万410円増加し、借入金は145万5174円減少した。

報告書の原本は同日から秘書課で閲覧できるほか、概要は市ホームページで公表している。