カナダ、松阪で事前キャンプ スケボー東京五輪代表 三重

三重県は19日、東京五輪でスケートボードに出場するカナダ代表チームの事前キャンプを、松阪市で受け入れることが決まったと発表した。県内で事前キャンプの決定は7例目で、カナダでは4チーム目となった。

県によると、事前キャンプは7月14―20日と同24―30日まで、松阪市山下町の松阪市総合運動公園で実施する予定。代表チームの選手やスタッフら約10人が来県し、東京五輪に向けて調整する。

4月29日にカナダオリンピック委員会から県に要請があった。同公園のスケートパークは国際大会を開催できる設備が整っているため、カナダ側が使用を希望。県が今月上旬、松阪市に協力を依頼した。

事前キャンプの受け入れに当たって、県と松阪市は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、選手の宿泊や移動、食事などの対策マニュアルを作成する。地元住民との交流活動は実施しない。

鈴木英敬知事は19日のぶら下がり会見で「東京五輪に出場するカナダの代表選手は新型コロナワクチンの接種を受けてから来日する。感染症対策を徹底した上で事前キャンプを実施したい」と述べた。