玉城町 玄甲舎に咲く春の花を紹介 管理人の作野さん撮影 三重

【玄甲舎の庭園に咲く春の花の写真と作野さん=玉城町佐田の玄甲舎で】

【度会郡】三重県玉城町の町指定文化財「玄甲舎」=同町佐田=で、玄甲舎の庭園に咲く春の花11種類を紹介する写真展が開かれている。30日まで。入館料は大人200円、高校生以下無料。火曜日は休館。

玄甲舎管理人でアマチュア写真家の作野英一さん(62)が、管理人ならではの視点で季節によって表情を変える玄甲舎の姿を切り取り、写真展で紹介している。

2回目となる今回は今春撮影した11点を展示。白く可憐な花を咲かせるヒメウツギ、アヤメ科のシャガ、鮮やかな紅紫色が印象的なシラン、愛らしい黄色のキバナヒナギクなどが会場を彩る。写真にはそれぞれの花の特徴や花言葉、開花時期などを記載した解説カードも添えられている。

作野さんは「春の花を見ながら歴史ある玄甲舎の建物の風情を感じてもらいたい」と話していた。