津市議会 「内部統制室」設置案を可決 自治会問題受け 三重

【津】三重県の津市議会は18日の臨時会本会議で、不当要求などに対応する市長直轄の組織「内部統制室」の設置を定めた市行政組織条例改正案を賛成多数で可決した。設置は6月1日付。

条例改正案の採決には、欠席した福田慶一議員を除く33人のうち、19人が賛成。市民クラブの1人と津和会の3人、共産党(4人)、公明党(3人)、自民党市議団(1人)、一期一会(1人)の13人は賛成しなかった。

条例改正案は市職員が特定の自治会に便宜を図っていたとされる問題を受け、前葉泰幸市長が再発防止策として市議会3月定例会に提出。市議会は3月22日の本会議で賛成多数で継続審査としていた。