引退報道から一夜 三ツ矢氏に敬意と感謝 三重4区市長らコメント

自民党の三ツ矢憲生衆院議員の引退報道から一夜明けた18日、地元三重4区の各市長がコメントを寄せた。

鈴木健一伊勢市長は、「平成16年の台風21号による浸水被害を受けての宮川堤防改修や、大湊地区堤防の耐震対策などご貢献いただいた。新型コロナ感染拡大による市への影響を心配いただき、特に観光をはじめ産業の回復にもご尽力いただいている。これまでのご活躍に改めて敬意と感謝の意を表するとともに、1日も早く健康を回復され、今後さらにご活躍されることをお祈りする」とした。

中村欣一郎鳥羽市長は、「突然の発表に驚いていると共に残念な思いでいっぱい。長きにわたり本市を支える水産業や観光業の振興など多方面にご尽力いただき感謝申し上げる。体調面を理由とした引退ということで、お体を気を付けてお過ごしいただければ」とした。

橋爪政吉志摩市長は「伊勢志摩サミット誘致について、首相官邸などに要望を行うなどご尽力いただいた。伊勢志摩連絡道路の開通にもご貢献いただき、さらにアコヤガイへい死の対応協議など、真珠産業の回復にご尽力いただいた。敬意と感謝を表すると共に1日も早く健康を回復され、さらにご活躍されることをお祈り申し上げる」とした。