新型コロナ 県内、新たに41人感染 1人死亡 児童クラブでクラスター 三重

三重県は18日、10歳未満―80代までの男女41人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。四日市市内の放課後児童クラブでクラスター(感染者集団)が発生。県内の感染者は延べ4531人となった。

また、県は新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた80代の女性が17日に死亡したと発表した。女性は変異株への感染が確認されていたという。県内感染者の死者は97人となった。

県によると、市町別の新規感染者は、四日市で18人、鈴鹿で7人、桑名、松阪で3人ずつ、津、名張で2人ずつ、朝日、いなべ、東員、亀山、志摩、県外で1人ずつ。19人の感染経路が分かっていない。

既に2人の感染が判明していた四日市市内の放課後児童クラブでは、児童や職員ら4人の感染を新たに確認。このクラブでは15日に職員1人の感染が判明したため、児童や職員らが検査を受けていた。

県は18日、職員や児童らの交流などによって感染が広がったとみて、このクラブを74例目のクラスターと認定。このクラブに通う児童らの小学校では、児童や教職員ら約百人への検査を進めている。

また、県は18日、これまでに新型コロナウイルスへの感染が判明していた20代―60代までの男女6人について、変異株への感染を確認したと発表。県内の変異株感染者は824人となった。