朝明の北川、第1次メンバー入り ラグビー高校日本代表を目指す

【北川叶羽(朝明)】

来年3月に編成される2021年度高校日本代表を目指す第1次メンバー75人が10日、日本ラグビー協会から発表された。三重県内の高校からは朝明高3年の北川叶羽(とわ)が唯一メンバー入りした。

身長188センチ、体重98キロの体格とハードワークが持ち味のLO(ロック)。朝明高校では副主将とFWリーダーを務めている。四日市市立中部中は柔道部所属で激しい接触プレーをいとわない姿勢も強みだ。

ラグビーを始めたのは高校から。全国的にはまだ無名だが、昨年夏、オンライン形式で行われた日本協会のタレント発掘合宿へ招集されたことで飛躍のきっかけをつかんだ。

年末に東大阪市花園ラグビー場で開催する全国高校ラグビー大会で同校初のベスト16進出を目指して練習に励む中で届いた朗報を「すごくうれしかった」。「花園ベスト16入りと高校代表入り、どっちもかなえたい。目標は高いけど突破していきたい」と意気込む。