ワクチン接種体制強化へ 松阪市がコロナ補正予算案 三重

【松阪】三重県の松阪市は14日、第2、3号令和3年度一般会計補正予算案を発表した。2号は6億7658万円増、3号は4億2472万円減。新型コロナウイルスワクチン接種体制の整備や、低所得の子育て世帯へのコロナ対策特別給付金を盛り込んでいる。21日開会の市議会定例会に上程する。

コロナワクチン接種事業に5億4378万円計上し、3億3001万円かけてコールセンターの予約体制を強化する。特別給付金は2億7176万円で、支給額は児童1人当たり5万円。

同市大黒田町のマックスバリュサンフラワー店内に「市マイナンバーカードセンター」を6月16日に開設するため159万円を充てた。土日、平日夜間にも対応する。4月1日現在の同カード交付率は35・76%で、いなべ市に次いで県内2位となっている。