陽光苑利用者、貼り絵や手芸 老人福祉施設、津で作品展 三重

【榊原陽光苑の利用者が作った作品が並ぶ会場=津市榊原町の榊原温泉郵便局で】

【津】三重県津市榊原町の老人福祉施設「榊原陽光苑」のデイサービス利用者11人の作品展が、同町の榊原温泉郵便局で開かれている。細かな手作業で制作した貼り絵や手芸作品計約30点を展示している。31日まで。

施設の活動を紹介しようと年1回開く作品展。湿らせた薄紙を小さく丸めて牛の形にぎっしり貼り合わせ、牧場に集う大小の牛を表現した。

牛のイラストを型染めしたハンカチ、色鮮やかな菓子の空き袋をステンドグラス風に使った壁絵、フェルトの人形をつなげたつるし飾りなどいずれも時間をかけて仕上げたという。

デイサービス担当職員の中西久美子さん(62)は「皆展示を楽しみにしており多くの人に見ていただくのは張り合いになる。普段どんなことをしているか少しでも知っていただければ」と話していた。