度会町 車検切れ公用車使用 確認不足で47日間 三重

【度会郡】三重県度会町は12日、車検切れの公用車1台を47日間にわたって利用していたと発表した。

同町総務課によると、車検が切れていたのは税務住民課が管理する軽乗用車で、車検満了日は令和3年3月25日だった。定期確認のために総務課が満了日前に車検証の写しの提出を求めていたが未提出だったため、今月11日に提出を再度求めたところ、車検切れが発覚したという。

発覚を受けて同町は所轄の伊勢署に事実を報告。併せて公用車全39台の車検証を確認したところ、他に満了日を迎えた車両はなかった。

満了日の確認不足が原因だったとし、同町は再発防止策として全所属長を通じて車内に満了日を明記するよう指示したとしている。中村忠彦町長は「信頼を損なうこととなったことを深く反省し、今後はこうしたことが二度と生じないよう適切な管理を徹底する」とコメントした。