知事「学生に寄り添って」 三重大「1人で食事」誓約書、「確認書」に転換

三重大(三重県津市)が緊急事態宣言地域から通う学生に県内で食事をしないことなどを定めた誓約書の提出を求めたことについて、鈴木英敬知事は12日の定例記者会見で「学生に寄り添うことが大事」と述べた。

鈴木知事は「誓約書の表現には賛否があり、申し上げる立場にない」と前置きした上で「新学長の決意だと思うが、学生にも事情がある。学生に寄り添い、協力してもらうことが重要だと思う」などと述べた。

三重大は「学内では1人で食事をする」などの項目を設けた誓約書を提出するよう求めていたが、外部からの指摘で方針を転換。今後は感染防止に向けた「確認書」の提出を全ての学生と教職員に求めるという。