災害時に資機材提供 鈴鹿市とニッケンが協定 三重

【協定書に署名する末松市長と東畑所長(右)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市と同市大池三丁目のレンタルのニッケン鈴鹿営業所(東畑耕一所長)は12日、災害時の資機材レンタルに関する協定を締結した。

同社は建設機械のレンタルなどを中心に事業展開しており、災害時に市の協力要請で、ダンプカーや高所作業車などの車両をはじめ、発電機や仮設トイレ、照明器具などの資機材を提供する。

資機材の提供を受け、円滑な応急復旧活動を進めるのが狙い。

同日、同市役所で協定締結式があり、末松則子市長と東畑所長が出席。

末松市長は「大規模災害時に協力いただけるということは、非常に心強くありがたい」、東畑所長は「災害時に地元の役に立てれば。今後は地域に必要とされる会社、営業所を目指す」とそれぞれあいさつし、協定書に署名した。