伊勢市 移動子育て支援を開始 宮本地区と城田地区で 三重

【伊勢】三重県伊勢市は12日から、宮本地区と城田地区の2カ所で移動子育て支援センターのサービスを開始する。市内に6カ所ある子育て支援センターを補完する役割として、地域住民に利用を呼びかけている。

同市では子育てに関する相談支援への対応として、旧伊勢市地区に3カ所、二見町、小俣町、御薗村の旧町村地区にそれぞれ1カ所の計6カ所で子育て支援センターを運営。これらの施設利用が難しい遠隔地区の住民への対応として、移動子育て支援センターを開設する。両地区での状況を踏まえて他の遠隔地区での実施も検討する方針。

対象は未就園児を中心とした乳幼児とその保護者。玩具や絵本なども準備し、12日から毎週水曜日は宮本地区コミュニティセンター1階会議室で、13日から毎週木曜日は城田地区コミュニティセンター1階会議室でそれぞれ子育て支援センターきらら館の保育士2人が対応し、午前9時半―11時半まで開催する。

新型コロナウイルス感染防止対策として利用は各回5組程度とし、混雑時には別の支援センターへの案内や待ち時間の調整などで対応する。問い合わせは子育て支援センターきらら館=電話0596(22)5592=へ。