名張 用水路に転落か、女性死亡 三重

【名張】9日午前5時ごろ、三重県名張市富貴ケ丘の用水路で、自転車とともに同所の事務員女性(60)がうつぶせで倒れているのを通行人が見つけ、一一〇番した。名張署によると、救急隊が到着したときには女性は既に死亡していた。死因は調査中。

同署によると、用水路は高さ約1・7メートル、幅約3メートル、水深約20センチで、市道沿いに通っている。周辺には街灯やガードレールはない。

女性は8日午後7時半ごろ、友人宅から帰る途中だったという。女性に目立った外傷はなく、用水路に転落した可能性が高いとみて調べている。