新型コロナ 東海3県連携で防ぐ 「まん延防止」三重で始まる

【テレビ会議で感染防止対策の連携を確認する鈴木知事ら=三重県庁で】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「まん延防止等重点措置」が三重、岐阜両県で始まった9日、東海3県の知事は連携して感染を抑え込む方針をテレビ会議で確認し、県内も含めて不要不急の外出を自粛するよう求める共同メッセージを発表した。

県によると、重点措置が三重、岐阜両県で始まったことや、愛知県に12日から緊急事態宣言が発出されることを受けて開催。共同メッセージには、大型連休後の「引き締め」を図る狙いがある。

3県は大型連休前にも県境をまたぐ移動の自粛を求める共同メッセージを発出したが、今回は各県内での外出も自粛するよう要請。大人数や長時間の飲食は路上や公園でも避けるよう求める呼び掛けも加えた。

進行役を務めた鈴木英敬三重県知事は、三県による連携や情報共有の必要性を強調。県内の事業所でクラスター(感染者集団)が相次いでいると説明し、対策をまとめた事業所向けの動画を公開したと紹介した。

大村秀章愛知県知事は感染者の重症化に「大変な危機感を持っている」とした上で「緊急事態宣言に踏み込ませてもらうことになった。東海3県でしっかりと連携し、感染防止を図りたい」と述べた。

古田肇岐阜県知事は、連日にわたって県内の新規感染者数が百人を超えていると強調。「岐阜県内でのバーベキューは愛知ナンバーが圧倒的に多い。お2人も岐阜に行くなと言ってほしい」と求めた。

鈴木知事は会議後の取材に対し、重点措置について「心苦しいお願いだが、医療提供体制を守るために協力してほしい」と述べた。病床確保や検査体制強化の方針を10日にも発表する考えを示した。