花や風景を題材に日本画 桑名でサークルが展示 三重

【お互いの作品を見ながら話す会員ら=桑名市大仲新田の川スミメガネ本店で】

【桑名】三重県桑名市の大山田コミュニティプラザで活動する「プラザ日本画サークル」(伊藤武人代表)の作品展が7日、同市大仲新田の川スミメガネ本店ギャラリーで始まった。13日まで。

会員13人が自信作を1点ずつ出品し、講師で日本画家の市野鷹生さん=名古屋市=が小品2点を寄せた。花や風景、動物などを題材に色彩豊かに描いている。

伊藤代表(79)は「長く続けているベテランが多く、見応えがある作品がそろったと思う」と話した。