サッカーJFL 県勢2チームともホーム戦引き分け 三重

サッカーの第23回日本フットボールリーグ(JFL)は5日、第8節7試合が行われた。三重県勢2チームはともにホーム戦を引き分けた。

鈴鹿ポイントゲッターズはFCマルヤス岡崎(愛知)と0―0で引き分けて勝ち点を14(通算成績4勝2敗2分け)とした。暫定順位は17チーム中4位。

ヴィアティン三重はソニー仙台FC(宮城)と1―1のドロー。後半36分、FW菅野哲也のゴールで同点にした。勝ち点は8(通算成績2勝3敗2分け)で暫定順位は10位。

今週末は天皇杯予選期間のためJFLの試合は行わない。次戦は16日で鈴鹿はMIOびわこ滋賀、ヴィアティンは奈良クラブと、いずれもアウエー戦に臨む。