女性を神秘的に描く 飯野高出身の木村さん 津のギャラリーで個展 三重

【作品を紹介する木村さん=津市栄町の「VOLVOX」で】

【津】三重県立飯野高校応用デザイン科出身の作家、木村寿美玲さん(24)=津市一身田町=の個展「A MODEST LUXURY」が6日、津市栄町のギャラリーVOLVOXで始まった。女性を描いた神秘的な作品29点を展示販売している。11日まで。

木村さんは同校油絵コースを卒業後津市の画家、倉岡雅氏に人物画を学び作品を発表しており個展は3回目。表題は「ちょっとしたぜいたく」を意味する。

顔の部分を抽象的に塗りつぶした下着姿の女性の作品が目を引く。顔を描かないことでミステリアスな雰囲気が出るといい、強い色と組み合わせた作品や木炭とアクリル絵の具で明暗を付けたモノトーンの近作もある。

木村さんは性的な意味や自己投影でなく憧れの対象として女性を題材にするといい「ふとした瞬間の表情を想像して楽しんでほしい」と話した。