松阪競輪場内で男性遺体発見 事件性なしか

【松阪】1日午後1時40分ごろ、三重県松阪市春日町の松阪競輪場内で、傾いた状態で観覧席に座っている男性を競輪場職員が見つけた。男性の反応が薄かったため、市内の病院に搬送されたが約50分後に死亡が確認された。着衣の乱れや目立った外傷はなく、松阪署では事件性は低いとみている。

同署によると、男性は70―80代。身長160センチくらいで、白髪まじりの短髪。黒色長袖ジャンパー、半袖ポロシャツ、半袖肌着、黒色長ズボン、黒色ももひき、緑色パンツ、黒色クロックスを着用していた。身元を特定できる所持品はなかったという。