清掃作業の男性、地上に転落死亡 採光ガラス踏み抜き 東員町

【員弁郡】2日午前10時35分ごろ、三重県東員町中上の「TOYO TIRE桑名工場」敷地内で、製品であるタイヤの保管用倉庫の屋根に上って清掃作業をしていた東員町穴太、清掃業伊藤洋章さん(49)が誤って採光ガラスを踏み抜き、約9・7メートルの高さから地上に転落。全身を強く打ち、四日市市内の病院に搬送されたが約2時間25分後に死亡した。

いなべ署によると、伊藤さんは同社からの委託を受け、同僚らと4人で屋根に上り、天井ファンダクトの点検や清掃作業をしていたという。工場は休みだった。詳しい原因を調べている。