列車にはねられ男性死亡 四日市の近鉄湯の山線

【四日市】30日午後11時ごろ、四日市市中川原3丁目の近鉄湯の山線で、四日市駅行きの上り普通列車(3両編成)が線路上にいた市内の男性(56)をはねた。この男性は全身を強く打って死亡した。

近鉄によると、乗客3人にけがはなかった。この事故により、伊勢松本駅―中川原駅間の上下線が約2時間半にわたって運行を見合わせた。4本が運休し、2本が最大で99分遅れ、約300人に影響した。