カメラマン船から転落、行方不明 三重県尾鷲市三木埼沖

【尾鷲】27日午後6時ごろ、三重県尾鷲市三木埼沖南東約40キロの海上で、遊漁船「惣七丸」(5・6トン、全長約13メートル)の男性船長から「乗客1名が海中転落し行方不明」と118番があった。尾鷲海上保安部の巡視船などが出動し、捜索に当たっている。

尾鷲海保によると、海上に転落したとみられるのは大阪市のカメラマン小杉聡さん(48)。小杉さんは同日午前5時半ごろ、釣り糸メーカーのプロモーションビデオの撮影のため関係者四人と乗船し同市賀田町の賀田港を出港。午後5時10分ごろに撮影を終え、賀田港に帰港している最中、船長が船体の前部にいた小杉さんが船内にいないことに気付いたという。船内にはカメラパックのみ残された状態だった。小杉さんは救命胴衣を着用していた。