「まん延防止等重点措置」を要請 三重県、コロナ感染拡大受け政府に

【ぶら下がり会見で、政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請したと明かす鈴木知事=県庁で】

三重県は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請した。適用は「継続協議」となったといい、大型連休前の適用開始は見送りの可能性がある。

県によると、鈴木英敬知事は28日午後、西村康稔経済再生担当相と電話で会談し、重点措置の適用を正式に要請した。岐阜県の古田肇知事も同じく、西村氏に電話で適用を要請したという。

鈴木知事は28日のぶら下がり会見で「(西村氏とは)互いに危機感を共有し、対策を強化することで一致した。連携を確認できて良かった」と強調。政府には「早急かつ機動的な対応を期待する」と述べた。

一方で「すぐ適用に入るわけではなく、感染状況を分析して見極めることになった」と説明。「適用が連休前ではない可能性もあるが、感染状況が急激に悪化した場合の対応も確認できている」と述べた。