小林県議を厳重注意へ 同性カップル住所無断掲載 差別解消委員辞退申し出 三重

三重県議会代表者会議は26日、同性カップルの住所を無断でブログに掲載した小林貴虎議員(自民党県議団、1期、津市選出)への対応を協議し、日沖正信議長による厳重注意とすることで合意した。

自民党県議団の津田健児団長は、小林議員の行為について「人権侵害に当たることは否定できない」と陳謝。小林議員から差別解消を目指す条例検討調査特別委員会の委員を辞退する申し出を受けたと説明した。

政治倫理審査会の設置を求めてきた新政みえの稲垣昭義代表は、自民党県議団の対応に一定の理解を示しつつ「三度目はない」と指摘。「議長として小林議員に注意し、声明を出してほしい」と要請した。

一方、傍聴者の稲森稔尚議員(草の根運動いが、2期、伊賀市)は「小林議員は謝罪後も同性カップルを誹謗中傷するSNS(会員制交流サイト)の投稿に賛同を表すいいねを押している」と指摘した。

津田団長は「問題が発覚してから当分の間は(小林議員に)SNSで発信しないよう強く言っていて、今はしていないと認識していた」と釈明。「事実関係を確認した上でしっかり指導したい」と述べた。