【速報】春の高校野球県大会 ベスト8出そろう

【宇治山田商―津商 四回裏無死満塁、津商7番佐藤が左越えに満塁本塁打を放って生還。津商が5―3で逆転=伊勢球場で】

第68回春季東海地区高校野球三重県大会(県高野連主催、伊勢新聞社後援)第2日は24日、四日市市霞ケ浦、県営松阪、伊勢市倉田山公園の3球場で2回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。25日は四日市、松阪の2球場で準々決勝4試合がある。

この日から地区予選1位通過のシード校も登場し、松阪・牟婁地区1位校で昨年秋の県大会準優勝の松阪商のほか、白山、高田、津商、暁、鈴鹿、津田学園、海星が8強進出を決めた。

松阪商は菰野を7―5で下した。二回4番北村音湧の二塁打を足がかりに塁を埋め、バッテリーエラーにも乗じ6点を先制すると菰野の反撃をかわした。白山は13―0の五回コールドで松阪を退け、高田は伊賀白鳳に7―5で競り勝った。

津商は四回の7番佐藤愛斗の逆転満塁本塁打で宇治山田商とのシーソーゲームを5―3で制した。暁は6―0で四日市中央工を退け、先発左腕中世古翔海が四中工打線を1安打完封した。

鈴鹿は8安打11得点の猛攻で津西を11―1の五回コールドで下した。海星はチーム7盗塁と機動力も発揮し桑名工を5―0で退けた。津田学園―水産は水産の棄権により津田学園の不戦勝となった。

■24日の試合
▽2回戦
○…四日市球場…○
鈴鹿11―1津西
(五回コールド)
海星5―0桑名工
(津田学園―水産は津田学園の不戦勝)
○…松阪球場…○
白山13―0松阪
(五回コールド)
松阪商7―5菰野
高田7―5伊賀白鳳
○…伊勢球場…○
津商5―3宇治山田商
暁6―0四日市中央工

■25日の試合
▽準々決勝
○…四日市球場…○
津田学園―白山
海星―暁
○…松阪球場…○
高田―松阪商
津商―鈴鹿