津波避難タワーにこいのぼり 伊勢、豊浜東まちづくり協議会

【津波避難タワーに掲げられた色とりどりのこいのぼり=伊勢市東豊浜町で】

【伊勢】三重県伊勢市東豊浜町の津波避難タワーに、色とりどりのこいのぼり約50匹がお目見えした。伊勢湾からの潮風を受けて舞う姿が、地域住民らを楽しませている。

豊浜東地区の住民でつくる豊浜東まちづくり協議会が、コロナ禍でさまざま活動が制限され、自宅や周辺で過ごす時間が増えた住民らに笑顔になってもらおうと、津波避難タワーの周知も兼ねて初めて企画した。こいのぼりは、住民から家庭で使わなくなったものを募り、寄付してもらった。

タワーの柱に張ったロープに、赤や黒、緑色など大小さまざまなこいのぼりが掲げられていて、5月9日まで楽しむことができる。

まちづくり協議会の中村裕紀会長(67)は「コロナ禍に、皆さんを少しでも元気づけられたら。津波タワーの場所を知らない人もいるので、この機会に知ってほしい」と話していた。