伊勢神宮奉納花火大会と伊勢まつり中止 コロナ状況を考慮

【伊勢】三重県伊勢市は24日、今年の伊勢神宮奉納全国花火大会と、伊勢まつりの開催中止を発表した。新型コロナウイルスの感染状況を考慮しての判断としており、昨年に続いての中止となる。

花火大会は伊勢神宮式年遷宮の奉祝行事として始まり、全国花火師の競技大会として例年7月に開催。今年は10―11月への延期も検討していたが、感染拡大の収束見通しが立たないことから同日開催した大会委員会で中止を決めた。

伊勢まつりは市民文化の向上を目的にパレードなどを主体として例年10月に2日間の日程で開催していたが、令和元年度は台風により、昨年度は新型コロナにより中止となり、3大会連続での中止となった。