カルテ改ざん 三重大元准教授に有罪 常習非難 津地裁判決

使用してない薬剤を患者に投与したように電子カルテを改ざんして診療報酬をだまし取ったとして、公電磁的記録不正作出・同供用と詐欺の罪に問われた三重大医学部付属病院の臨床麻酔部元准教授境倫宏被告(48)に、津地裁の四宮知彦裁判長は22日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

四宮裁判長は判決理由で、約8カ月間に81回にわたってカルテの改ざん行為を繰り返しており、常習性も認められると非難。一方で詐欺の損害額について弁償を申し出ていることや、大学を懲戒解雇され、社会的制裁を受けたとして執行猶予を付けた。

弁護側は、深く反省しているとして執行猶予付き判決を求めていた。

判決によると、境被告は令和元年8月から2年3月までの間、薬剤「オノアクト」を使用したように装って電子カルテを改ざんした。境被告の当時の上司で同大医学部付属病院臨床麻酔部元教授亀井政孝被告(54)=詐欺罪などで起訴=と共謀して診療報酬を不正に請求し、約84万円をだまし取った。