津 「水」題材に写真 「写真気」が展示 三重

【「フォトクラブ写心気」の作品が並ぶ会場=津市西丸之内の津リージョンプラザ3階展示室で】

【津】三重県津市を拠点に活動する写真愛好家の団体「フォトクラブ写心気」(佐藤二郎代表、会員17人)の作品展が22日、同市西丸之内の津リージョンプラザ3階展示室で始まった。昨年はコロナ禍で中止しており2年ぶりの開催。「水」を題材にした課題作品と自由作品計59点を展示している。25日まで。入場無料。

同団体は12年前に結成。市内の60―80歳代の男女会員が月1回作品を持ち寄っている。

課題作品では噴水の水しぶきや水面に映る養殖網、自由作品では霧のシラカバ林や庭に張った氷を現代アート調に撮影した連作など多彩な作品が並ぶ。

長く講師を務めた津市の前川素規さん(89)は3月末で勇退し、今後は会員相互に講評し合う。佐藤代表(74)=津市江戸橋=は「皆それぞれに工夫し楽しみながら撮った作品を見て」と呼び掛けていた。