津 とんぼ玉で繊細に表現 ガラス作家の稲垣さん個展 三重

【ガラス作品を紹介する稲垣さん=津市栄町のギャラリーVOLVOXで】

【津】三重県津市南が丘のガラス作家、稲垣有香さん(53)の個展が22日、同市栄町のギャラリー「VOLVOX」で始まった。とんぼ玉や耐熱ガラスを使った繊細なアクセサリーなど153点を展示販売している。27日まで。

稲垣さんは平成19年からとんぼ玉の制作を始め、同21年から9年間教室を主宰した。一昨年から自身の制作に専念して、耐熱ガラスを使うなど作品の幅を広げており、同所での個展は4回目となる。

直径1―5ミリの花型のパーツ約60個が入るとんぼ玉や耐熱ガラスをバーナーで熱して模様を立体的に表現したペンダント、熱したガラス管を膨らませて成型した小型の器などがある。

色やパーツの組み合わせなど全てオリジナル。手仕事のため世界に一つの作品で、会場では制作に使う道具も観覧できる。

稲垣さんは「以前より作品に自分らしさが出てきている。興味はとどまるところがなくバーナーでできることは何でもやってみたい」と話した。